東京五輪後 選手村 5650戸供給(2024年頃)

2020年東京五輪大会後の選手村整備で、約5650戸の住宅を配置することが決まっています。

また、全体の3割弱は賃貸住宅に充てる予定となっています。事業完了は2024年予定。

オリンピック後は中層棟を住宅に改修したり、50階建ての高層棟2棟や、スーパーなどが入る商業棟を建設したりする予定ということで超人気のタワーマンションになることは必至です。

交通計画の船着場も魅力的です。

・ BRTの発着ターミナル、カーシェア・シェアサイクルの共通ポート

・ 船着場を併設

晴海ふ頭公園の再整備計画も楽しみです。

プレスでは「開放的な港の景観を楽しむ空間を創出」とあります。

賃貸、分譲ともに倍率が高くなりそうです。とても楽しみなタワーマンションです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加