クレジットカードの「リボ払い」だけはダメ!

クレジットカードの支払でリボ払い(リボルビング払い)にすることだけはお勧めしません

今回は、クレジットカードのリボ払いによるデメリットを紹介したいと思います。

リボ払い:金利手数料が発生して損します!

簡単にいうと、例えば10万円の商品をリボ払いで支払うことにした場合、例えば最終的には、11万円支払う必要があるというような事態が発生します。

クレジットカード払いには「一括払い」「分割払い」「リボ払い」等がありますが、この中で分割払いとリボ払いにしてしまうと金利手数料が発生してしまいます。

現在では、銀行の定期預金などで金利1%がつかないのは当然であるなか、例えばリボ払いのクレジットカード会社の金利手数料は15%くらいと、とても高く大きな負担が発生します。

リボ払い:これは借金を意味します!

クレジットカードのリボ払いや分割払いだと、借金している意識が薄れるかもしれませんが、これは正真正銘の借金を意味します。また、借金の意識が薄れることにより、支払能力以上の商品を購入して借金返済が長期化する傾向にあります。

例えば、10万円の商品をリボ払いで「毎月1万円ずつ支払う」とします。この時点で、借金は9万円ですが、毎月1万円の支払いだから余裕があると勘違いして、翌月、また10万円の商品をリボ払いで「毎月1万円ずつ支払う」とします。毎月2万円の支払いなら大丈夫と思うかもしれませんが、気が付けばもうすでに借金が17万円前後あることになっています。

このように借金意識が薄く、金銭感覚がおかしくなることから、リボ払いは非常に危険です。

リボ払い:リボ払いによるクレジットカードの特典は無意味!

リボ払いは、クレジットカード会社にとっては大きな収益源となります。そこで、何が何でも利用者にリボ払いをさせるように催促メールをしたり、リボ払いをすることによる特典などもつける場合があります。

ですが、「リボ払いによるクレジットカードの特典」と「リボ払いによる金利手数料」とではリボ払いによる金利手数料を支払う方がダメージ(損失)が大きいので、リボ払いで得られる特典というのは本当に無意味です。

以上のことから、一括で支払えない買い物をリボ払いで支払うことは絶対にお勧めしません。毎月の返済金額が小さく勘違いして、気が付けば借金地獄に陥る可能性も高いです。そして、リボ払いによるクレジットカード会社の特典によるメリットは、多額の金利手数料を支払うというデメリットによって飲み込まれるので、特典というのは本当に無意味です。

なお、お金がなく本当に困った場合においても、リボ払いではなく、

※ お金がなく本当に困った時にはリボ払いでもいいかもしれませんが、極力止めましょう!

なお、クレジットカードを使用すること自体はお勧めします!

今までの記事を読むと、クレジットカードが危険なように感じてしまいますが、そうではなく危険なのは「クレジットカードのリボ払い」です。

また、一括払いによるクレジットカードを利用により、クレジットカード会社からポイントが付与されますから、これは大きなメリットとなります。

マイルやポイントを効率良く獲得できるクレジットカードを選ぶことで「生涯の貯蓄額」は、大きく変わります。以上のことから、当方が支払を行う場合には現金を使用することは少なく基本的に「クレジットカード一括払い」または「電子マネー」を使用しています。

当方がメインカードとして使用しているのは、JALcard Suicaです。こちらのJALcard Suicaのメリット記事もご参考頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加