突然お願いされる外国人による募金にご注意!

今までに遭遇した募金詐欺はネット上でも紹介されていますが、当方は2パターンの募金詐欺で声をかけられたことがあります。

募金詐欺パターン1:震災関連の募金詐欺

これは新宿駅周辺で声をかけれたのですが、少し不自然な日本語で若い外国人女性から

「 震災の募金をお願いします! 」

と声をかけられました。募金箱などがどうも不自然だったので、どのように支援が渡るのか、どのようにお金が使われるのか聞いたところ、

「 私は中国人だから分かりません! 」

と言われました。この女性は何を言っているのだろう・・と思ったのですが、これがいわゆるターミナル駅で発生する「大震災募金」というものだと後で分かりました。

この震災関連の募金は、外国人だけでなく日本人もそのような行為をしている事例もあるので募金を行う場合は「日本赤十字社」など信頼できる機関にだけ募金することをお勧めします。

募金詐欺パターン2:アジアの恵まれない子供たちへの寄付詐欺

これはテレビでもやっていたので有名だと思いますが、フィリピン人の女性が無言で次のような内容が書かれているカードを見せて、寄付をお願いしているケースです。

「 わたしたちはアジアのめぐまれないこどもためにかつどうしているボランティアです。」

「 よろしければしょめいとぼきんをおねがいします 」

「 アジアの貧しい子どもたちが服を着られるように家に住めるように学校にいけるように 」

TVの取材で、フィリピン人女性は「 寄付金をお小遣いにしている 」とお話されていました。このような募金詐欺もあるので、繰り返し申し上げますが、寄付する場合には、日本赤十字社など信頼できる機関にすることをお勧めします。

以上の通り、突然話しかけられて「募金・寄付」でお金を要求された場合にはご注意を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加