群馬県内最高層免震タワーレジデンス:高崎駅直結(2020年2月竣工予定)

東京建物は、高崎駅東口第九地区( 東町 )に免震タワーマンションを中心とした開発事業に着手しました。2020年2月の竣工予定とされています。

地上28階建て、総戸数225戸の免震タワーマンションは、群馬県の表玄関として駅前整備が進む高崎駅東口に位置します。正確には「高崎駅直結」ではなく、タワーマンションの2階部分が高崎駅から続くペデストリアンデッキに接続するという形になります。

モデルルームは2018年春を予定しており、とても楽しみですね。

◆ 再開発事業の4つの特徴

・ 群馬県の表玄関「高崎」駅徒歩4分に位置する立地ポテンシャルの高い場所

・ 歩車分離による歩行者の安全性確保と歩行者ネットワークの充実

・ 防犯、防災に備えた先進の設備・仕様と快適で安心の管理システムの住宅棟

・ 新たなランドマークタワーとして、街並みと調和するデザイン

駅東口のヤマダ電機LABIや、西口の高崎オーパ、高島屋などにもつながることで高崎駅を中心とした色々な施設へ安全に気軽に歩いて行けることは大きなメリットですね。

現在、群馬県にお住まいの方で高崎駅を利用している人には大人気となりそうです!

適度に駅から離れていることで「騒音」などの問題も軽減されそうですね。

計画概要:高崎駅直結の免震タワーマンション

計 画 地:群馬県高崎市東町32-1 他

交 通:JR 北陸・上越新幹線、高崎線等「高崎」駅徒歩4 分

敷地面積:3,542.91 ㎡

用途地域:商業地域/防火地域・準防火地域

地区計画:高崎駅イーストサイト地区(高度利用型)

建築面積:2,289.24 ㎡

建蔽率/容積率:64.62%/590.66%

全体延床面積:30,959.57 ㎡

延床面積:住宅棟23,635.45 ㎡、駐車場棟7,324.12 ㎡

建物用途:共同住宅、テナント、駐車場、ペデストリアンデッキ

規 模:住宅棟 地上28 階地下1 階(総戸数225 戸/事業協力者住戸含む)

駐車場棟 地上7 階(278 台)

構 造:住宅棟/プレキャストプレストコンクリート造、駐車場棟/鉄骨造
(一部鉄骨コンクリート造+鉄骨造+鉄筋コンクリート造)

最高高さ:住宅棟 99.91m、駐車場棟 24.575m

設計・監理:株式会社企画社

施 工:清水建設・冬木工業 特定建設工事共同企業体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加