タワーマンション:布団干し、布団クリーナー

タワーマンションでは、布団を干せない(干してはいけない規約がある)ケースがあります。干せない理由には「高層では風が強いこと」や「飛ばされて洗濯物が落下すると危険なこと」などが挙げられます。

それではどのようにして布団の清潔さを保っているのかを紹介したいと思います。布団の清潔さを保つためには、「ダニ対策」と「カビ対策」の2つの観点から考える必要があります。

タワーマンション:布団のダニ対策:布団クリーナーを使用する

そもそも布団についているダニは、ふとんを干すだけでは死滅させられません。

先ず、敷き布団と接するベッドがどのような状態であるのかを布団クリーナーとして最も効果のあるダイソン製品の商品説明から理解できます。

一般的にベッドには200万匹以上のダニやダニの死骸が存在しています。

喘息や皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患の原因となるダニのフンをベッドや布団から減らす根本的な方法は、パワフルな吸引力で直接吸い取ると同時に、ヒトの皮膚などのダニのエサを取り除くことであると、研究結果によって明らかになりました。

ということもあり、タワーマンションに住む多くのご家庭では、布団クリーナーを使用されていると思います。当方も使用しています。現在、Amazonの売上ランキングの上位にあるのはやはり「 ダイソン 布団クリーナー 」です。

ダイソン 布団クリーナー dyson v6 trigger + [ HH08 MH SP ]

最も効果のある布団クリーナーというこもあり、やや高いですね。性能は格段に落ちてしまいますが低価格という事で人気あるのは「アイリスオーヤマ 布団クリーナー ホワイト」です。

アイリスオーヤマ 超吸引 布団クリーナー ホワイト IC-FAC2

アイリスオーヤマでは「 raycop(レイコップ)」という商品も発売していますが、こちらはレビューが非常に悪くほとんど効果がないという感想が多いのでお勧め致しません。なんと、驚くことに、ダイソン社も公式ページでアイリスオーヤマのraycopの性能を否定しています。

布団クリーナーに搭載されているUVライトでダニを死滅させることは困難です。ダニを死滅させるには、UVライトを1箇所に60秒以上照射する必要があります。それも、ダニがその間中ベッドや布団の表面に動かない状態でいる場合に限られます。

出典:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/handheld/dc61.aspx

もっと低価格なものが良い、布団クリーナーの置く場所がないという場合には、こちらもありだと思います。もちろん、専用布団クリーナーの方が効果はありますが、評判が良い商品。

パナソニック 掃除機別売部品ノズル ふとん清潔ノズル MC-FU1

要するに、掃除機の強い吸引力を利用して、ダニ・花粉・ホコリなどのゴミを吸い取るという製品です。ですから、この商品はノズルだけです。例えば、吸引力の強いPanasonicの掃除機などを使用していれば、このノズルだけでもそれなりに効果があるはずです。

敷き布団を何も掃除しないというのは、衛生上非常に良くないので、いずれかのタイプの商品で一定の清潔さを保つことをお勧めします。

タワーマンション:布団のカビ対策:布団乾燥機を使用する

以上で紹介した内容は「ダニ対策」であり、カビ対策にはなっていません。

就寝中には体全体でおよそコップ1杯分の寝汗をかくと言われています。その寝汗を敷き布団は吸う訳ですから、日当たりの悪い風通しの悪い部屋では敷き布団ではカビが繁殖してしまう可能性があります。

そこで、役立つのが布団乾燥機です。人気があるのは、マットとホースが不要なこちらです。

象印 マット・ホース不要布団乾燥機 RF-AB20-CA

・「羊毛」「羽毛」「綿」「化学繊維」などのふとんを乾燥
・「フィルター」でキャッチしたダニの死がいや花粉などのアレル物質を抑制
・「2.6mロングコード」
・「ふとん検知センサー」つき

布団以外にも利用できるのが良い点であり、レビューも非常に良いです。

これさえあれば布団のカビ対策は万全であり、定期的に使用すればカビの発生を防げます。

布団クリーナーも布団乾燥機も両方を買うのは予算的に厳しいという方は、敷き布団が日当たりの良い場所にあるなら、部屋干しできる場所にあるのなら、布団乾燥機を買うことはせずに布団クリーナーだけでも良いかもしれません。

敷き布団を干さない、掃除しないというのはお肌にも悪い影響を与えるので、いずれにしても布団クリーナーだけは必ず購入するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加