沖縄健康食:リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 ランチ感想 2018年

リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 でランチを頂きました。

リーガロイヤルグラン沖縄の宿泊者の場合、ハーフビュッフェとメイン料理が通常は2,700円ですが、割引券により2,160円でお食事できるので、宿泊者の方にはお勧めです。

店名   : リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19
住所   : 沖縄県那覇市旭町1-9 リーガロイヤルグラン沖縄 14F
定休日  : 無休
アクセス : 沖縄モノレール「旭橋駅」から徒歩約3分
営業時間 :  [ランチ] 11:30~14:00(L.O.) [ディナー] 18:00~20:30(L.O.)
禁煙喫煙 : 完全禁煙

お勧め度:★★★★★(ディナーよりもランチの方がコスパが良いです)

リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 ランチの感想

リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 でランチを食べてきました。

リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 で提供されるランチは通常は 2,700円となりますが、リーガロイヤルグラン沖縄に宿泊している人は、2,160円でランチを食べられます。

カップルや夫婦で行けば、こちらの2人用の座席を案内してくれます。良い感じのソファーでちょっとした個室みたいな感じにしてくれています。ここのスタッフさんは非常に気のきく人たちです。ちなみに、ファミリーで行けば4名席や6名席などもあります。

ランチはハーフビュッフェとメイン料理(ローストビーフまたは魚料理)となっており、先ずローストビーフか魚料理を選択します。

ハーフビュッフェなので先ず前菜やデザートなどをビュッフェ台から適量を自分で取ります。その後、メインの料理(ローストビーフまたは魚料理)は持ってきてくれます。

なお、バイキングとビュッフェにそれほど大きな違いはありませんが、ビュッフェの場合には「セルフ方式の食事」という意味合いだけが強く、店によりバイキングのように「食べ放題」とは限らないので、メイン料理前に一皿で適度な量だけを取ることをお勧めします。
※ パン用としてもう一皿を使い、メイン料理前に2皿以内に収めることが上品ではないかと。

このようにパンは色々な種類があります。

お野菜も色々な種類があります。

デザートもおいしそうですね。皮付きキウイフルーツが最高でした。

そして、メイン料理のローストビーフはこちらです。

以下の6種類の調味料で楽しめることができます。6種類の味を楽しめられます。

※ メイン料理をローストビーフではなく、魚料理にした場合は「エビとタラ」でした。味の観点からはローストビーフの方が美味しかったですが、当方にとって昼からローストビーフは食後のもたれ感がありました。一方、こちらの魚料理は食後感は良かったです。

続いてデザートのアイスクリーム with アイスと紅茶 or コーヒーです。

ここまで食べて確信しましたが「 ディナーの4,400円 」に対して「 ランチの2,160円 」は、どう考えてもランチがお得というか、正直ランチとディナーにそこまでの大きな差はないのでこのランチを食べてしまうと、ディナーが少し高いと感じてしまうくらいでした。

とにもかくにも美味しかったです。ごちそうさまでした。ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加