オリックス:2018年9月中間決算(減収減益だが、10円増配の年間配当76円)

オリックス(8591)の「2018年9月中間決算」は次の通りとなりました。

減収減益という悲しい結果となった一方で、今期配当は10円の増配(年間配当 76円)を実施する方針となりました。

オリックス <8591> が10月26日大引け後(15:30)に決算(米国会計基準)を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比12.5%減の2209億円に減った。

同時に、従来未定としていた今期の年間配当は76円(前期は66円)実施する方針とした。

直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比6.0%減の1099億円に減ったが、売上営業利益率は前年同期の13.4%→15.7%に上昇した。

https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20181026-00000226-stkms-stocks

6.6%の減益であるとはいえ、ROEは11%以上を維持していますし、セグメント資産は前期末比で5.7%+の9兆6205億円ですし、悲観する必要はない決算内容だと思います。

また、株主還元に積極的な企業であり、増配傾向が続いています。

インド投資での損失は痛いですが、これからの新規の事業投資に期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加