プラウドタワー武蔵小金井クロス:第5回 ウェスト南側は人気、西側の中高層階は値下げ

2019年2月に更新されたプラウドタワー武蔵小金井クロスの予定販売価格表が届きました。

2019年1月の予定価格表と比べるとやや価格が抑えられています。南側は1月と2月とで大きな価格変更はないですが、西側の中層階と高層階の一部の部屋は大きく値下げとなっています。

※  最終価格は第1期正式価格表で決定するので、価格はさらに変更となる可能性があります。

◇ プラウドタワー武蔵小金井クロス
・ 物件名  : プラウドタワー武蔵小金井クロス
・ 所在地  : 東京都小金井市本町六丁目1910番(地番)
・ アクセス : JR中央線 「武蔵小金井」駅 徒歩3分
・ 間取り  : 1R~4LDK
・ 専有面積 : 34.03m2 ~ 112.41m2
・ 総戸数  : 716戸 (うち非分譲住戸103戸)
・ 構造 規模: RC造(一部鉄骨造) :ウエスト26階建・イースト24階建
・ 売主   : 野村不動産株式会社
・ 施工   : 清水建設株式会社
・ 入居予定 : 2020年6月中旬 (予定)
・ 販売予定 : 2019年2月中旬 (予定)

プラウドタワー武蔵小金井クロス ウェストの予定価格

◆ プラウドタワー武蔵小金井クロス:低層階の価格

低層階については、全ての方角で予定価格表が1月と2月とであまり変更がありませんでした。つまり、低層階は全ての方角で比較的人気があったことが分かります。

坪単価は高いかもしれませんが、1LDKの5300万円台は抽選となる可能性が高いですね。

◆ プラウドタワー武蔵小金井クロス:中層階・高層階の価格

中層階・高層階については、南側のみで1月と2月とで価格に大きな変更がありませんでした。東側については1月よりもやや価格が抑えられています。そして西側は3LDKのお部屋を中心に大きく値下げされていました

西側の8000万円台のお部屋は、そのほとんどが7000万円台に変更されていました。さすがにここからは大きく値下げされる可能性は低いと思います。

ところで、野村不動産アーバンネットさんが1月11日から20日にかけて「住宅購入に関する意識調査」を実施した結果、以下の結果が得られました。

不動産価格が下がると思うと考えている人が増えてきていることもあり、野村さんとしても、強気の価格でいくのではなく、適正価格で早く売り切ることを考えているのかもしれません。

いずれにしても、武蔵小金井であれほど大規模なタワーマンションは販売される可能性は低いことからも、武蔵小金井好きの人にとっては最後のチャンスなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加