沖縄健康食:リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 ランチ感想 2019年

リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 でランチを頂きました。

宿泊者の場合、ハーフビュッフェとメイン料理が通常は2,700円ですが、割引券で2,160円でお食事できるので、宿泊者の方には特にお勧めです。

店名   : リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19
住所   : 沖縄県那覇市旭町1-9 リーガロイヤルグラン沖縄 14F
定休日  : 無休
アクセス : 沖縄モノレール「旭橋駅」から徒歩約3分
営業時間 :  [ランチ] 11:30~14:00(L.O.) [ディナー] 18:00~20:30(L.O.)
禁煙喫煙 : 完全禁煙
支払方法 : 現金、クレジットカード、宿泊者は部屋付けも可

お勧め度:★★★★★(宿泊者にはお得な料金となります)

リーガロイヤルグラン沖縄 Dining 19 ランチの感想

ダイニング19のランチのハーフビュッフェは、以下の3構成となっています。

◆ その1:冷製・温製盛りだくさんのベジタブルビュッフェ

◆ その2:メインディッシュ(魚介類と季節野菜のグリル or ローストビーフ薄切りカット)

◆ その3:本日のオリジナル氷菓

ハーフビュッフェなので先ず前菜やデザートなどをビュッフェ台から適量を自分で取ります。その後、メインの料理(ローストビーフまたは魚料理)は持ってきてくれます。

バイキングとビュッフェにそれほど大きな違いはありませんが、ビュッフェの場合には「セルフ方式の食事」という意味合いだけが強く、店によりバイキングのように「食べ放題」とは限らないので、メイン料理前に一皿で適量だけを取ることをお勧めします。
※  パン用としてもう一皿を使い、メイン料理前に2皿以内に収める。

ベジタブルビュッフェですが、見て下さい、もう何でもあります。いわゆる標準的なホテルのバイキングとは異なり、それぞれのお料理はとても贅沢なしっかりとした料理です。

正直、これだけでも2,700円(2,160円)分の食事ができると思います。

しかし、ここで食べすぎるとメインディッシュを美味しく食べられないので、腹六分目くらいにとどめてメインディッシュを待ちます。今回は魚介類と季節野菜のグリルを選択しました。

エビがぷりぷりで本当に美味しかったです。ムール貝とサーモン?も美味しかったです。

最後に、アイス(抹茶・バニラ)とケーキ、紅茶セットが届きます。

コスパ的にダイニング19は、ディナーよりもランチの方が断然お得であることが分かります。

ただし、夜は素晴らしい夜景を見ながら、コース料理としてゆっくりとした幸せな時間の流れを感じながら食事することができます。ということで、ディナーもランチも最高です。

ごちそうさまでした。本当においしかったです。ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加