キヤノン(7751)信用買いの配当落調整金を受け取れました。SBI証券の入金日の確認方法

キヤノン(7751)から信用買いの配当調整金(配当落調整金)を受け取れました。本日の朝、買い付け余力に反映されていることを確認できました。SBI証券において信用買の配当調整金がいつ得られたのか、どこで確認できるのかを以下に紹介します。

キヤノン 信用買い:SBI証券での配当調整金の受け取り確認 1

SBI証券のWebサイトにログイン後に以下の順番でクリックしていきます。
口座管理」→「取引履歴」→「譲渡益税明細」を選択して「照会」を押します。

取引として「信用配当金」と表示されています。約定日が4月2日、受け渡し日が4月5日であることが分かります。ですが、買付余力には本日4月3日の朝には反映されていました。

キヤノン 信用買い:SBI証券での配当調整金の受け取り確認 2

SBI証券のWebサイトにログイン後に以下の順番でクリックしていきます。
入出金・振替」→「入出金明細」→「入金」を選択して「照会」を押します。

税金が差し引かれた金額が入金されていることが確認できます。

日産の現物買いの株式配当金は3月29日であったので、信用買いの配当金はちょうど1週間後に反映されることが分かります。

SBI証券のFAQによれば、信用配当金の反映は1~2週間後とあるので最短での受け取りです。

権利付き最終売買日と権利落ち日をまたいで信用建玉がある場合、株主総会の1~2週間後に配当分をお客様の口座へ入金または差引いたします。

信用取引配当落ち調整金の受取・支払が確定した際には、「信用取引配当落ち調整金のお知らせ」を交付いたしますので、ご確認ください。併せて、当該精算日の翌日に「入出金明細」にてその履歴を表示いたします。

景気敏感株のロングの二階建てはリスクの高い手法ですが、12月下旬のマーケットクラッシュにあわせて現物と信用買いを仕込みました。

業績悪化や自然災害などを除いた外部要因による暴落はインカムとキャピタルゲインの両方を大きく得られるチャンスと言えるので、このような場合は二階建てしています。

ポイントとしては「追証」が多数発生して悲鳴が聞こえた後に、絶望で静かになった時の暴落レベルになれば二階建てのチャンスです。今回は12月下旬にそれが発生しました。

そういう意味で常に現金余力をしっかりと残しておくことはとても重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加